お腹のガスを出す

MENU

腸内環境の改善にオススメの乳酸菌サプリ


お腹にガスがたまる原因は、悪玉菌の増殖による腸内環境の悪化です。
悪玉菌が増えると、悪玉菌がつくるアンモニアなどの有害物質(ガス)も増えて、それがお腹の張りの原因になります。


そのため、ガス解消には腸内環境の改善が必要。
悪玉菌を減らして善玉菌を増やすには、乳酸菌サプリがオススメです。


乳酸菌サプリには、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌がたっぷりと入っており、
腸内環境を整える効果が期待できるため、便秘解消やお腹のガス、ポッコリお腹などに悩む女性に人気です。


数ある乳酸菌サプリのなかで、もっともオススメなのは「ビフィーナS」というサプリ。


人間の腸内の善玉菌のうち99.9%をしめるビフィズス菌を、1包あたり50億個も配合しています。
また、そのほかの乳酸菌が10億個、そしてビフィズス菌のエサになり増殖を助けるオリゴ糖も含まれています。


ガス腹やポッコリお腹、ガスによるお腹の張り、腹痛、音などに悩まされている女性にオススメです。


ビフィーナSの詳細・購入はこちら

お腹にガスがたまる原因


お腹にガスがたまり、音が鳴る。お腹の張りが苦しいし、痛い。
ポッコリお腹になってスカートやズボンがきつくなるし、オナラの臭いも強くなる。


このような、ガスによるお腹の張りに悩んでいる女性は多いと思います。
ガスがたまってお腹が出るのはみっともないし、痛みもあるし、
音も気になるし、スカートなどを履くものもきつくなるのでイヤですよね。


お腹にガスがたまる理由でもっとも大きなものは「腸内環境の悪化」です。


便秘やストレス、加齢などによって腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えた状態、
つまり腸内環境が悪化した状態になると、お腹のガスも増えて、お腹の張りや腹痛などの症状が出ます。


悪玉菌が増えるとなぜお腹にガスがたまるのかというと、
悪玉菌は未消化のタンパク質を分解してガスを発生させるからです。


悪玉菌が出すガス(有害物質)には、アンモニア・インドール・スカトール・硫化水素などがあります。
これらのガスはオナラの臭いのもとになりますし、
血液をとおして体内に送られると、肌荒れや体臭、口臭の原因になります。


そして、腸の動きが悪くお腹にとどまれば、お腹がパンパンに張り、
腹痛などの苦しい状態やポッコリお腹を引き起こします。


ガスによるお腹の張りの原因には、ほかにも「運動不足」「オナラの我慢」などがあります。
腹筋が弱いことやオナラの我慢が、ガスを出すための腸のぜんどう運動を鈍らせて、ガスの排出をさまたげるのです。


腸内環境を整える


お腹にガスがたまるおもな原因は腸内環境の悪化なので、
ガス解消のためには腸内環境を整えることが必要です。


腸内環境を整えるとは、つまり腸内の善玉菌を増やして、悪玉菌を減らすということ。
善玉菌を増やす食べ物を摂ったり、生活習慣を見直したりして、便秘やぜんどう運動を改善するのです。


悪玉菌が増える原因は、便秘・ストレス・加齢などです。


便秘というのは、腸内に腐敗した食べカスが残っている状態。
悪玉菌が増殖する大きな要因になるので、なるべく早めに解消したいところです。
腸内環境を整えることで、快便を目指しましょう。


便やガスを出すための腸の動き(ぜんどう運動)は、自律神経によってコントロールされています。
ストレスは自律神経を乱すので、ぜんどう運動が弱くなり、悪玉菌が増える原因になります。


趣味や音楽、入浴、友人との遊びなどでストレスを発散して、溜めこまないようにしましょう。


悪玉菌はタンパク質を分解してガスを発生させるので、悪玉菌のエサになるタンパク質を減らすことも大事。
肉類の摂取はなるべく控えて、野菜などで食物繊維を摂るようにしましょう。


善玉菌を増やす食事


悪玉菌を減らすには、善玉菌を増やすことも大事です。


善玉菌は糖を分解して乳酸や酢酸をつくりますが、その酸が悪玉菌の増殖を抑えます
また、その酸が腸を刺激することでぜんどう運動も促進されるので、便秘解消にもつながります。


善玉菌を増やす食べ物には、ヨーグルト・漬物・味噌などのほか、オリゴ糖や食物繊維などがあります。


ヨーグルトには善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が含まれており、
それを摂ることで直接、善玉菌を増やすことができます。
日々の生活で摂りやすい、漬物や味噌にも植物性乳酸菌が含まれています。


オリゴ糖は善玉菌のエサになり、増殖を助けます。
食物繊維には、悪玉菌がつくった有害物質を吸着して体外に排出する作用があるので、
腸内をキレイにして善玉菌がすみやすい環境をつくります。


悪玉菌が増えないようになるべく肉類の摂取を控えて、
ヨーグルトやオリゴ糖などの善玉菌を増やすための食事をとる。
これを意識することで、腸内環境は変わっていきます。


乳酸菌サプリで腸内環境を改善


お腹にガスがたまるのを防ぐには、腸内環境の改善が重要。
しかし、食べ物や生活習慣に気をつけるというのは、
普段の生活を変える必要があるので、なかなかむずかしいのも事実です。


そこでオススメなのが、乳酸菌サプリです。


乳酸菌サプリとは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が、たっぷり凝縮して配合されているサプリメントのこと。
食事から多くの善玉菌を摂るのは大変ですが、サプリならカンタンです。


効率よく乳酸菌を摂れるうえにカロリーが非常に小さいので、ダイエットにも適しています
ヨーグルトが苦手という場合でも、サプリなら気にせずに摂取することができます。


いろいろな乳酸菌を勉強したり、サプリを調べたりした結果、
もっともオススメできるのが森下仁丹の「ビフィーナS」という乳酸菌サプリです。


ビフィーナSにはビフィズス菌50億個、乳酸菌10億個、そしてビフィズス菌を増やすオリゴ糖が配合されており、
充分な量の成分をバランスよく摂ることができます。


独自技術によるカプセルで胃酸などからまもられるので、乳酸菌はしっかりと生きたまま腸に届きます
乳酸菌健康食品部門で18年連続売上No.1という実績からも、その効果がうかがえます。


お腹にガスがたまることに悩んでいるなら、乳酸菌の摂取をオススメします。
そして乳酸菌を摂るのには、多くの乳酸菌が生きたまま腸に届くビフィーナSというサプリをオススメします。


ビフィーナSの詳細・購入はこちら

更新履歴