ビフィズス菌と乳酸菌

MENU

ビフィズス菌と乳酸菌の種類


腸内環境を改善するには、善玉菌を増やす必要があります。
善玉菌にはおもに、ビフィズス菌と乳酸菌があります。
どちらも乳酸菌とひとまとめにされていますが、分類学上も性質上も違いがあります。


ここでは、ビフィズス菌と乳酸菌の違い、そしてそれぞれの種類について説明します。


乳酸菌ってなに?


乳酸菌というのは、糖を分解して乳酸などをつくりだす細菌のうち、
その代謝産物の50%以上が乳酸であるものを指します。
つまり、乳酸をいっぱい産生する菌のことを乳酸菌と呼ぶのです。


乳酸菌にはいろいろな種類があり、食品会社が研究して
さまざまなヨーグルトや乳酸菌飲料などが製造・販売されています。


乳酸菌は乳酸をつくりだすことで、腸内の酸性度を上げて、悪玉菌の増殖を抑えます
それによって善玉菌がすみやすい環境がつくられ、便通の改善などのメリットが得られます。


ビフィズス菌と乳酸菌の違い


ビフィズス菌と乳酸菌は同じもののように考えられていますが、実際には別物です。


ビフィズス菌も乳酸菌も、糖を分解して酸をつくりますが、乳酸菌が乳酸をつくりだすのに対して、
ビフィズス菌はより殺菌作用の高い酢酸もつくりだします。またビタミンB群や葉酸も産生します。


乳酸菌は、つくりだすもののうち50%以上が乳酸である細菌のことですが、
ビフィズス菌は酢酸を多くつくるため、厳密には乳酸菌の定義には当てはまりません。


また、分類学的にも違いがあります。
ビフィドバクテリウム属に属する細菌の総称をビフィズス菌と呼び、
その種類はいままで見つかったものでは約30種、人間の腸管にすみつくものは5種程度と考えられています。


具体的には「ビフィドバクテリウム ビフィダム」「ビフィドバクテリウム ロンガム」
「ビフィドバクテリウム アニマリス」「ビフィドバクテリウム ブレーベ」
「ビフィドバクテリウム アドレスセンティス」など。


V字型もしくはY字型の特徴的な外見をしており、乳酸菌(棒状や球状)とは見た目も違います


そして、なにより抑えておきたいポイントは、善玉菌の99.9%はビフィズス菌であるということ。
動物の場合は乳酸菌の割合のほうが多いようですが、人の腸内ではビフィズス菌こそが主役。


というわけで、善玉菌を増やすというと乳酸菌を増やすイメージになると思いますが、
基本的にはビフィズス菌を増やすことが大事なのです。


乳酸菌の種類


ビフィズス菌にいくつか種類があるように、乳酸菌にもいろいろな種類があります。


細菌の名前は、菌種、菌株という順で並んでいます。
たとえば「ラクトバチルス プランタラム」という植物性乳酸菌は、
ラクトバチルス属のプランタムという菌種ということをあらわします。


「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」というのは、
ラクトバチルス属のカゼイという菌種のなかのシロタ株という菌株をあらわしています。


なぜこのように菌種や菌株が細かく表記されるかというと、分類学的に正しく表記するためというのもあるでしょうが、
同じ菌種でも菌株が違えば、酸に対する強度、整腸作用の度合いなどが違うからです。


たとえば、免疫細胞を全体的に活性化するということで注目されているプラズマ乳酸菌は、
正式には「ラクトコッカス属 ラクティス菌 JCM5805株」といいます。


ラクトコッカス ラクティスには他にもいろいろな菌株があると思いますが、
そのなかでキリンと小岩井乳業が共同で見出したJCM5805株という菌株には、
上記のような免疫活性の作用があるということなのです。


食品会社各社が、より整腸作用のある菌種、菌株を発見するように研究を進めており、
酸に強いものやビフィズス菌を増やしやすいものなど、それぞれの性質を活かしたヨーグルトなどをつくっています。


いろいろあり過ぎて目移りしてしまいますが、いちど試してみて便通が改善するかどうか、
お肌の調子が良くなるかどうかなどを基準に、自分に合った乳酸菌を探していきたいですね。