乳酸菌サプリ

MENU

乳酸菌サプリが腸内環境改善にオススメ


腸内環境を改善するためには、ヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物や味噌などの
プロバイオティクス食品を摂ることで善玉菌を増やすというのが、基本的な方法です。


しかし、一般的にビフィズス菌や乳酸菌は胃液や胆汁などの酸に弱く、
腸に届く前に死滅してしまうことがありますし、
毎日ヨーグルトを食べたとしても少しずつしか善玉菌は増えません。


より効率よく善玉菌を増やしたい場合にオススメなのが、乳酸菌サプリです。
乳酸菌サプリとは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を多く配合したサプリメントのこと。


多くの善玉菌が含まれていたり、腸に届きやすい菌種や技術を用いていたりするため、
乳酸菌サプリの摂取は、ほかの方法とくらべてより効果的に腸内環境を改善すると考えられます。


ここでは、乳酸菌サプリの選び方の説明や、オススメのサプリの紹介をおこないます。


乳酸菌サプリが良い理由


乳酸菌サプリの良いところは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が大量に配合されているということ。
たとえばサプリではないですが、医薬部外品の「新ビオフェルミンS」には、
3粒あたり3億個の善玉菌が含まれています。


また、のちほど紹介する「ビフィーナS」には、
1包あたり50億個のビフィズス菌と10億個の乳酸菌が含まれています。


もしヨーグルトなどで善玉菌を摂ろうとしたら、多くの量を食べなければいけません。
そうすると、ダイエット中の方にとっては脂質やカロリーが気になるでしょうし、
乳製品が苦手で食べられないという人もいると思います。


そういった、食べ物で摂取するときに考えられるデメリットがないのも、サプリの良いところです。


腸内環境の改善には、善玉菌の摂取を継続的におこなうことが必要ですが、
持ち運びができていつでもサッと飲めるサプリは、毎日続けやすいという意味でも適していると思います。


乳酸菌サプリの選び方


ひとくちに乳酸菌サプリといっても、いろいろなものがあります。
ビフィズス菌をメインに配合しているものや、そのほかの乳酸菌だけを配合しているもの、
複数の善玉菌を配合しているものなど様々です。


そのような多様な乳酸菌サプリのなかで、何を選べば良いのか迷ってしまうことがあるかもしれません。
ポイントは「価格」「乳酸菌の種類と数」「他の成分」の3つです。


腸内環境の改善は1日にしてならず、ですので、継続することが前提になります。
続けるには、価格は安くなければいけません。高価格のものは、毎月飲み続けることはむずかしいからです。


乳酸菌の種類と数にも気をつけましょう。
善玉菌の代表であるビフィズス菌を含むものが基本的には良いですし、
そうでない場合はビフィズス菌を増やす作用の強い乳酸菌を含むものを選ぶのが良いでしょう。


また、ほかの成分も見るのが大事。たとえばオリゴ糖が含まれていれば、サプリで摂った善玉菌だけでなく、
すでに腸内にすんでいるビフィズス菌のエサになり、善玉菌が増えることにつながります。


ビフィズス菌とオリゴ糖が組み合わせて含まれているサプリがあれば、それがオススメです。


オススメの乳酸菌サプリ


上記の基準で選んだ場合、いちばんのオススメは森下仁丹の「ビフィーナS」です。
ビフィーナSにはビフィズス菌50億個、
アシドフィルス菌とガセリ菌の合計が10億個、そしてオリゴ糖が配合されています。


乳酸菌健康食品部門で18年連続売上No.1ということで、
多くの人に支持されていることがわかりますし、実績があることで安心感も覚えます。


わたしも飲んでおり、生活習慣の改善とあわせて活用することで、
ウンチの色や形、排便の頻度などが改善されてきているのを実感しています。


初回限定価格や定期コースの価格なら、1か月あたり約3,000円ですので、1日あたり約100円
飲み会を1回ガマンすれば出せる金額ですので、
腸内環境を改善したい場合には安いといって問題ない価格だと思います。


ビフィーナSの次にオススメなのが「乳酸菌革命」です。
ラクトバチルス属の乳酸菌を数種類ブレンドしているので、
人それぞれに違うとされる、その人の腸に合う善玉菌が含まれている確率が上がります。


定期コースなら1か月3,000円を切っており、続けやすさという点もクリアしています。
腸内環境を整えるのにオススメの乳酸菌サプリです。


ほかにもいろいろな乳酸菌サプリがあるので、
上記の2つのサプリよりも良いと思うものがあれば、ぜひそちらを試してみてください。
自分の腸に合ったサプリを見つけられるといいですね。